システム開発で未来を変えるNTTデータCCS

株式会社NTTデータCCS

水稲AI画像解析ソリューション

スマートフォンで手軽に水稲生育の課題を解決

スマートフォンで撮影した水稲の画像から、AIを使って生育状態を診断。生育ステージに応じた適切な追肥時期を提案し、食味・収量を向上させます。同様に、AIを使って雑草・病害虫を判定し、有効な防除策を提案します。
さらに、作業時期や技術ポイントを提示できるようにし、新規農業従業者への技術継承と、大規模農場の効率経営を支援します。

水稲生育における課題

水稲の生育には適切な時期に適切な防除や追肥をすることが必要です。この対応が米の収量や品質を大きく左右します。

※このほか、直播・疎植栽培、流し込み施肥など、省力化対応のための新技術を適用するためには、新たな指標が必要になることも考えられます。

導入事例

水稲生育診断システム

スマートフォンや固定カメラで撮影した画像から、
画像解析とAIを用いて稲の生育ステージを判定するシステム。(※国際特許出願済)
経験を積んでようやくつかめるカン・コツが共有できることに加え、田んぼに入って稲を傷めること無く稲の生育ステージを確認できます。
生育ステージに応じた適切な時期に追肥等の作業を行うことで、収量性と品質の向上につなげることが出来ます。

雑草・病害虫診断サービス

スマートフォンで撮影した画像をAIが診断し、雑草や病害虫を判定。適切な農薬を選定し、使い方を説明します。

こんなお悩み・ニーズに対応

  • - 水稲に対しいつどのように施肥してよいかわからない
  • - 経験を積んだ専門家でなくとも誰でも手軽に営農したい
  • - 作付時期や栽培品種も考慮し利益を最大化したい
  • - 発生した病気、雑草、虫に対して、どの農薬をどう使ってよいか分からない
  • - 何の虫(または雑草)か判別しにくい

基幹系システムからスマートフォンアプリまで。様々な開発実績をご紹介します