システム開発で未来を変えるNTTデータCCS

株式会社NTTデータCCS

UXサイクルソリューション

経験に基づいた4つのプロセスを駆使して、ユーザーの体験を極限まで追及

私たちの考えるUXは、事実に基づくデータを集め、ユーザーを観察していきます。その「分析」によってユーザーの状態を把握し、あるべきユーザー体験、そして達成すべき目標を設定します。そうした「戦略」から仮説を立て、方向性を定めます。
そしてターゲットユーザーの行動をイメージし、感情や障壁などを洗い出すことで、最適なユーザー体験を導き出せるように「設計」します。
さらに妥協できない品質をスピーディに世の中へ送り出すため、さまざまな選択肢の中からベストなソリューションで作り上げ「実装」していきます。
サービスの検討から運用までトータルインテグレートし、最大限の効果を発揮するサービスの開発を試みます。

ユーザーフレンドリーなウェブメディアを実現

最適なユーザー体験を導き出すウェブメディアを実現します。

素早く結果を出す

PDCAサイクルを細かく刻み、適宜成果を出しつつサービスの適応力を高めます。

トータルディレクション

システム開発に加え、コンテンツデザインも一貫して行い、サポート可能。

ユーザー体験を意識した制作手法

当社ではターゲットユーザーを具体化することで、行動をイメージし、発生する感情や障壁を洗い出すことで、最適なユーザー体験を導きだします。その体験を支えるために必要なUIや機能、システムの在り方までの各種要件を一連の流れとして検討していくことで、実現までの過程をスムーズにします。

QuickWin(素早い成果)で始める

ユーザー体験を中心とした取り組みを行いたい場合に重要な要素は、「QuickWin(クイックウィン)」という考え方です。今の時代は、新たなサービスを生み出すために、検討に多くの時間が必要です。変化の早い世界の中、検討だけで多大な労力を使っても市場の反応は得られません。素早く、小さな結果を出すことで、周囲の納得を得て、サービスの市場への適応性を高めていく。PDCAを細かく回す運用方法で、サポートいたします。

デザインと機能開発のトータルディレクション

ウェブサイトやスマートフォンアプリなどの「ウェブメディア」開発では、メディアの仕組みづくりを行うシステム開発会社と、メディアのデザインを行う制作会社の2者との協業が欠かせなく、担当者は使い分けに苦心することも珍しくありませんでした。NTTデータCCSでは、これまで培ったシステム開発のスキルに加え、コンテンツデザインの制作も一括して可能な環境を整えました。独自のUX手法を用い、クライアントのニーズに応え切るウェブメディアの制作を実現します。

サービスメニュー

メディアの種類、お客様の状況やお悩みに合わせて、複数のメニューを用意しております(95万円〜 )

(例)

  • Webサイト アクセス解析 導入サービス:ビジネスKPIへのWebサイトの貢献度を見える化するツール導入
  • スマホアプリUX検討パック:スマホアプリ開発に特化したメニューを揃えたパック

別紙カタログを用意しておりますので、お問い合わせください。

こんなお悩み・ニーズに対応

  • - 設計や実装だけでなく戦略や分析もお願いしたい
  • - ユーザーフレンドリーなウェブメディアを立ち上げたい
  • - アイデアを素早く形にしたい
  • - 開発とデザイン会社の使い分けを解消したい

こんな業界業種におすすめ

顧客接点を
強化されようと
している企業

基幹系システムからスマートフォンアプリまで。様々な開発実績をご紹介します