システム開発で未来を変えるNTTデータCCS

株式会社NTTデータCCS

トピックス

電子レシート実証実験が行われました

電子レシート実証実験

先般のプレスリリース「NTTデータCCSが、電子レシートの社会インフラ化実証実験に参画」のとおり、 経済産業省及び国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「IoT を活用した新産業モデル創出基盤整備事業」 の一環として、東京都町田市内の店舗において、2018年2月13日から28日までの間、 電子レシートの標準データフォーマット及びAPIに対応した電子レシートプラットフォームの実証実験が行われました。
本実証実験では、経済産業省が策定する電子レシートの標準規格の検証作業として、 ミニストップ様、スーパー三徳様、ウエルシア薬局(HAC薬局)様、東急ハンズ様、コージーコーナー様といった業種業態の異なる小売店舗27店舗において、 標準化された電子レシートプラットフォームの有効性を検証するほか、気象データや店舗から取得するIoTデータを収集して、 電子レシートデータの統計情報と組み合わせた分析の検証を行いました。

報道発表会の様子

2月13 日、実証実験開始にあたり、ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田において、報道発表会が行われました。 経済産業省商務情報政策局課長をはじめ、東芝テック様などから関係者が登壇し、使用するアプリの説明のほか、 今回の実証実験に対する期待値を述べられました。

記者会見パネル全体

今回の報道発表会にはNHK、テレビ東京、日本テレビ、フジテレビなどのキー局や、時事通信、共同通信などのマスコミが多数集まり、 会場は満員御礼、立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。

記者会見の様子

パネルには当社の名前も出させて頂きました。

記者会見の様子

報道陣に向けてご説明される東芝テック様。

報道陣向け説明

各連携アプリ(家計簿アプリ等)についても一連の動作が紹介されました。 報道陣から、今後に向けたロードマップ(展望)の有無や、個人情報に対する取組みなどの質問があり、関心の高さをうかがわせました。

報道陣向けアプリ説明

各店舗での実証実験の様子

のぼり

記者会見の後、報道陣と共に店舗へ移動し、実際に店舗で電子レシートを使ってみました。

スーパーでの様子

スーパーでは、テレビの取材陣など多数の人でごった返している中、電子レシートの使い方について説明がありました。

商品を買って、レジで電子レシートのアプリをかざします。実験なので、紙のレシートも出てきます。

POSレジでバーコードをスキャン

アプリでも、紙のレシートと同じ内容を見ることが出来ます。

紙のレシートと電子レシート

この日は、他の店舗でも実際に電子レシートを使ってみました。こちらは、コージーコーナー様。

コージーコーナー

そして、東急ハンズ様。お馴染みのお店で使えるというのは嬉しいですね。

東急ハンズ

当日の模様は、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」でも放送されたので、ご覧になった方も多いと思います。 電子レシートが早く社会インフラとして定着し、広く色々な店舗で使えるようになる日が楽しみです。

本サービスに関するご質問・ご相談につきましては下記までお問い合わせください。

ビジネスソリューション事業本部 コンシューマシステム事業部 担当:中村、竹内

お問い合わせはこちら(問い合わせフォーム)