システム開発で未来を変えるNTTデータCCS

株式会社NTTデータCCS

トピックス

NTTデータCCSとピツニーボウズ・ソフトウェアが協業
~天然資源業界に特化した地理情報システム(GIS)製品を11月4日から日本国内で販売開始~

 株式会社NTTデータCCS(本社:東京都品川区、代表取締役社長:生駒 二郎、以下:NTTデータCCS)とピツニーボウズ・ソフトウェア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山田 茂、以下:ピツニーボウズ・ソフトウェア)は9月1日、ビジネスパートナー契約を締結し、ピツニーボウズ・ソフトウェアが世界的に販売している鉱物・石油資源開発分野に特化した地理情報システム(GIS)製品「Discover」および「Discover 3D」(以下:本製品)を11月4日から日本国内にて共同で販売を開始します。
 本製品は地理的情報を可視化するためのソフトウェアである「MapInfo Professional」の拡張機能を提供するプラグインで、地球科学用空間データの編集・分析等に必要となる包括的な機能を提供するものです。これにより、地理的情報をリッチで直感的な3D環境に容易に移行でき、GISと専門的な採掘計画システムとの間のギャップを効果的に埋め、世界中の地質学者、エンジニア、探査チーム、水文学者、環境科学者に最適なGISアプリケーションとして活用することが可能になります。
 今回の協業により、NTTデータCCSは本製品の販売のみならず、地球科学に関する高い専門性を生かした日本語によるテクニカルサポートおよび製品トレーニング等のサービスも提供予定です。

詳細はこちら(PDFファイル/260KB)

【概要】
本製品は地理情報ソフトウェア「MapInfo Professional」の拡張機能製品です。
●「Discover」
 世界的に地理情報分野で高い実績を持つGISソフトウェア「MapInfo Professional」の機能拡張として、地球科学分野用に特化して設計されたもので、地球科学用空間データの効果的な編集・可視化・分析・マッピングに必要な包括的な機能を提供するものです。この機能を活用することで、例えば鉱物探査の業務でボアホール、ドリルホール、トレンチなどを正確に視覚化して分析することができます。
●「Discover 3D」
 「Discover 3D」は、「Discover」に対する3D拡張機能を提供するプラグインで、「MapInfo Professional」および「Discover」で作成した2Dのデータセットを、リッチで直感的な 3D 環境に容易に変換することが出来ます。さらに、「Discover 3D」は強力な一連のモデル化ツールを提供し、トレンド補間、鉱化シナリオの検証、岩相境界の可視化、構造的拡張を支援します。モデル化機能には、タイライン制御によるワイヤフレーム作成、押出のグリッド表面補間に加え、逆距離加重法やクリギングなどの手法によるブロック(ボクセル) のモデル化などがあります。
 より詳細な情報はウェブサイトhttp://japan.mapinfo.com/location/products/software/pbencom-discover/をご覧ください。


図:DiscoverおよびDiscover3Dの利用イメージ
※「MapInfo」は、ピツニーボウズ・ソフトウェア株式会社の登録商標です。

【販売対象製品】
・Discover
・Discover 3D
・MapInfo製品全般

【販売キャンペーン】
「Discover」および「Discover3D」の日本国内での発売を記念して、2014年11月4日?2015年3月31日の間に、DiscoverまたはDiscover3Dをご契約頂いたお客様に、NTTデータCCSの取扱製品であり、地球科学分野での活用に最適な、DigitalGlobe社が提供する世界最高峰の撮影能力を持つ高分解能衛星画像(ご提供面積は25km2)を無償で提供いたします。
※NTTデータCCSは、NTTデータおよびNTT空間情報が取り扱うDigitalGlobe社衛星画像プロダクトの再販事業者です。

本件に関するお問い合わせは下記までご連絡ください

株式会社NTTデータCCS
ビジネスソリューション事業本部
科学環境システム事業部 営業部
奈良部 隆行
電話:03-5782-9460
E-mail:discover@hml.nttdata-ccs.co.jp

ピツニーボウズ・ソフトウェア株式会社
<報道関係者お問合せ先>
 広報部
 加藤 京子
 電話:03-5468-6881
 Email:kyoko.kato@pb.com
<製品に関するお問合せ先>
 製品企画担当
 真野 栄一
 電話:03-6805-1155
 E-Mail:eiichi.mano@pb.com