システム開発で未来を変えるNTTデータCCS

株式会社NTTデータCCS

DataFusion

データフュージョン(統合)型環境影響評価システム

当社がこれまで培ってきた技術をもとに、環境評価で個別に利用されていた環境シミュレータ結果と衛星画像を、高度3次元表示技術を組み込んだGIS(地理情報システ ム)で統合。さらに、ユーザが指定する評価内容の設定機能を持っています。大気拡散の数値シミュレーションや衛星画像処理、GISの技術は、環境を評価するツールとして使用できます。
※本製品は現在販売しておりません。

DataFusionのテーマは、環境影響の定量的評価と実世界への投影です。本システムでは、以下のフローで評価・投影を行い、評価データの取り扱いを容易にするため、プロジェクト単位でデータを管理しています。

01 影響を数量で表現し定量的に評価

影響を数量で表現し定量的に評価

02 影響評価データを実世界に投影

影響評価データを実世界に投影

03 評価データをプロジェクトごとに管理